転職でゴー(良い転職で理想の生活)/転職は情報命、どうやって転職情報をえたらいいのか、ここでわかります。

30歳で女性の場合の転職

不況が続く現在、アルバイトや派遣社員は非常に厳しい時代に差し掛かっているといえます。その中で、もっとも厳しいのは一度も正社員としての社会人の経験がない未経験者たちです。いうまでもなく、企業は社会の経験者と未経験者を比べた時点で、必ず前者のほうを選びたくなるものです。企業としても生き残っていかなければならず、ゼロから育てている時間の余裕すらありません。そう考えたら、未経験での採用を積極的に募集している企業を探すほうがいいでしょう。

 

年齢を考えても、やはり若ければ若いときに正社員はもちろん転職するほうが断然といいといえます。年配と比べたら、長く働いてもらえるほうを採用したいと考えます。若い世代が、企業にとって新しい知恵を与える存在になる可能性があるとも考えます。総合的に考えると、30代までに人生が決まると大げさにいえるでしょう。

職歴には、できるだけ未経験を避けたほうが無難であることはいうまでもありません。ですが、正社員の経験があり、未経験の業界・職種への転職ともなれば、応募動機や自己PRでうまくアピールすることにより、いい転職へ繋がることはまちがいありません。

 

男女で比べたら、新卒であるなら差はないはずです。そもそも男性と女性で差をつけること自体、あってはならないことです。しかしながら少なからず、女性の就職に不利な点がつきまとっています。10年も30年も働いてもらう人材と考えた場合、女性にたいして寿退社・育児などの早退が、企業側は少なからず頭にあるでしょう。女性の転職は不利といえば不利ですが、積極的に支援している企業も増えていますので、諦める必要はありません。必要とされる企業と出会うまでの辛抱です。

 

スポンサードリンク

最新記事