転職でゴー(良い転職で理想の生活)/転職は情報命、どうやって転職情報をえたらいいのか、ここでわかります。

転職フェアでのチャンス

学生のとき、会社説明会というイベントに参加した人も多いかと思います。転職のときも、同じく転職フェアを定期的に実施されています。転職フェアとは、会場内に複数社の企業ブースがあり、直接人事担当者と面会できる合同説明会です。多くは転職サイトを運営しているDODA(デゥーダ)やリクナビが主催しています。

 

転職フェアに足を運べば、自分ひとりでだけでないとわかります。同じ転職者たちとの交流もでき、刺激を受けてはモチベーションがあがるでしょう。その出会いは、大きなチカラへとなっていくはずです。逆にライバル意識すぎるのもよくありませんので、その気持ちは捨てましょう。

 

フェアでは、キャリアカウセリングを受講できたり、コンサルタントからのアドバイスや相談も行うこともできます。ちょっとしたことでも遠慮せず、活用することをおすすめします。興味ない業界・業種であっても、できるだけ多くの企業の情報収集をすることも大切です。

 

企業との対面は、1対1で話す機会もありますが、数人を前にして説明をする形式があります。前者の場合は1対1ですので、担当者もひとりだけを見ることになります。しかし、後者の場合は、数人を見ているのですから“記憶にない人”となったらおしまいです。未経験者や初めての転職や、何かしらのハンデがある人には、チャンスだといっていいです。担当者に記憶に残る人材にするのです。だたし取り乱したたり、非常識なことをやってしまったら逆効果になりますので、十分気をつけてください。

 

フェアに参加して担当者にもアピールできたからといって必ず通るとはいいきれません。少なくても、残っている人材と残っていない人材を比べて、書類自体では差がなかったら残っているほうを選ぶ率が高まるのです。差があっても、もう一度ゆっくり訊きたいと思わせて面接の機会をもらえるのです。

スポンサードリンク

最新記事