転職でゴー(良い転職で理想の生活)/転職は情報命、どうやって転職情報をえたらいいのか、ここでわかります。

色々とある転職フェアの種類

転職フェアは、定期的に実施されています。その多くは、人材サービス会社が主催となって行っています。大きく分けるなら、新卒者向けと転職者向けです。転職者向けを細かく分けて実施される場合もあります。Uターン向けやIターン向けなどといったケースもありますし、業界・職種別でIT業界やマスコミ業界や医療業界など、細かく分類しているときもありますので、事前に確認してから行くようにしましょう。

 

また、年齢で若年者(おおむね30〜35歳まで)や中高年に分けていたり、小さいお子さんを持つ主婦を対象にしたり、外国人労働者向けや身体が不自由な人(障害者)を対象にしている就職説明会も実施されています。こちらは、小規模が多いです。そのため、新聞の記事などで小さく紹介している場合がありますので、隅々まで見ておきましょう。

 

転職フェアという大きなイベントというわけでもないが、各自治体が開いている就職説明会も行われたり、農協が主催となって農業の人材募集を説明を目的とし、就農説明会というのも実施されるようになっています。1週間でも体験したうえで、農業へ進むのもいいのではないでしょうか? 今、若い農家が不足しているのが現実ですので、興味がある人は、参加しましょう。

 

他にもそれぞれの協会などが主催となって行われているケースもあります。代表として、人手不足に深刻な医療業界がそうです。医療にも細かく分けると、医師・看護士・薬剤師・医療事務などがあります。医師や薬剤師は必ず免許が必須となりますが、介護士や看護士などは働きながら免許を取得できますので、前向きに考えるのもいいでしょう。

スポンサードリンク

最新記事