転職でゴー(良い転職で理想の生活)/転職は情報命、どうやって転職情報をえたらいいのか、ここでわかります。

転職は書類で差をつけよう

企業へ応募を考えると、まずやることは履歴書と職務履歴書の作成になります。書類審査があるのか、書類審査がなくて面接になるかのどちらかです。転職ともなると、数年前に1度は経験しているので、わからない人はいないでしょう。しかし、学生のときと同じ気持ちで挑んではいけません。もう一度、過去から見直し、今日に至るまでの職務を振り返りましょう。この振り返りこそが、職務経歴書に役立ちます。

 

履歴書の作成がわからない人もいないでしょうが、あまく考えてはいけません。印鑑を真っ直ぐに押すことや、写真は写真屋さんで撮ってもらう点だけで、印象が違うものです。もうひとつ、添え状があったほうがプラスになります。とくに未経験にはおすすです。書類が通らなければ、熱意すら伝えられず終わります。そこで考えるのは、添え状なのです。ライバルとの差をつけるにはもっともいい方法です。応用として、応募していない企業へ当たってみるのも可能です。趣味で制作した作品などもあったら、一緒に備えるのもいいことです。企業側が人材をほしがっていたら、面接の話が来るでしょう。

 

書類が通過したら面接になります。試験官は、あきらかに年下かもしれませんが、転職の面接試験だということは最後まで忘れてはいけません。お互い厳しい社会経験を積んできたもの同士です。試験官も大人として見ています。大人としての態度、常識を見失ってはいけません。

 

面接を終えたら、あとは結果を待つだけではいけません。お礼の手紙を出しましょう。もちろん、人事担当者宛に出さなければ意味ありません。言えなかった内容を含み、もう一度、熱意を最後に書いて待ちましょう。

 

スポンサードリンク

最新記事