転職でゴー(良い転職で理想の生活)/転職は情報命、どうやって転職情報をえたらいいのか、ここでわかります。

自分らしさを出しきろう

失敗を避けるためにあの手この手で、対策を練って転職活動を乗り切ることを考えるでしょう。しかし、失敗をおそれすぎて本来の自分の姿を出せずに面接を終わる場合があります。繰返していては、採用通知を手にするまでに長い期間を費やしていくことになります。逆に言えば、本来の姿である自分らしさを表現できれば、採用通知をもらうのはもうすぐそこまで来ているといえるのです。この、自分らしを表現することがなかなか難しいことでしょう。

 

転職面接ともなれば緊張します。異常な緊張をすると、ぎこちない動きになったり、せっかく考えていたことも真っ白になって言えなくなるケースがよくあることです。しかし、社会人ともなれば、初対面に対しても気楽に接しなければいけません。特に営業や接客業には、避けて通れない道です。それ以外の職種であっても、人とのコミュニケーションが必要としないのは、ゼロに近いのでマイナスになります。性格的が関わっているので上がり症の人は仕方ありませんが、必要以上の緊張をしないようにするしかありません。

 

暗記では自分らしさが出せません。模擬面接を含み、ネットやマニュアル対策関連は、あくまでも参考までにしてください。中には、そのまま丸暗記しようと考えるかもしれませんが、面接官は、必ず見抜いています。せめて面接官の本音だけに目を通しましょう。自分らしい言葉で表現するようにしましょう。

 

転職の理由に不満がなるからといってストレートに言うのも危険です。他の理由を考えたら、キャリアアップのためだと考えがちですが、これも危険な理由です。まったく自分らしが出ていないのです。できるだけ避けてほうが無難といえるでしょう。

スポンサードリンク

最新記事