転職でゴー(良い転職で理想の生活)/転職は情報命、どうやって転職情報をえたらいいのか、ここでわかります。

転職活動でのメールマナー

転職活動において必須となったアイテムにインターネット環境・携帯電話・メール機能が挙げられます。入社前からこれらのマナーを知って常識ともいわれているのです。とくに使用密度が増えてきているのがメール機能でしょう。友達同士でのやり取りならば気にする必要ないのですが、手紙と同様に考えて言葉使いと丁寧さが求められます。ただし、手紙みとは異なります。

 

名前をフルネームに変えることから始めましょう。件名は迷惑メールだと思わせず、数多くの中から1番に開いてもらえるような件名で、開く前にわかるようにしなければいけません。「求人採用の件」や「中途採用の件での質問」がいいでしょう。

 

内容を作成する前に、テキスト形式に変えましょう。メールで最も大切なのは、見やすいことと読みやすさが求められます。内容は簡潔に、そして全角30〜35文字程度で改行してください。言葉の区切り(濁点)で改行をしてもよいのですが、短すぎするとかえっていけません。

 

冒頭は、会社名でその下に担当者名を書き、1行空けて自分の自己紹介へ移ります。手紙では、「拝啓」などが必要ですが、メールの場合は必要ありませんので、気をつけてください。自己紹介が終わったら、求人内容はどこで知ったのか(転職サイトの●●)を記入し、目的(面接の応募・質問)なのかを述べるようにしましょう。

 

質問ならば、ダラダラと書くのは避けます。箇条書きに書くようにして1つの質問が終わったら1行ペースを空けると、わかりやすくなります。また、特殊記号は文字化けの原因になりますので、絶対使っていけません。もちろん絵文字やカラーにすることもいけません。

 

最後にお礼を述べて締めます。この場合も「敬具」という手紙の締めでなく「よろしくしお願いします」で構いません。その下に1行空けて、フルネールと住所・連絡先・アドレスを記入します。送信するときにもう一度、送り先・誤字などを確認をしましょう。押してしまったら取り返しがつきませんので、最後まで気を抜かないように心がけてください。返事がきたら、長くても3日以内で返事しましょう。

スポンサードリンク

最新記事